Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】中須賀克行が独走で5連勝! 2位に濱原颯道、3位に清成龍一

第3戦スポーツランドSUGO JSB1000レース2レポート

 

News 2021.05.23

 

 

土曜日のレース1は濃霧のため中止となり、予選順位でハーフポイントが付くことになった。日曜日は朝方こそ霧が出ていたが、朝のウォームアップ走行が始まるころには晴れ、スケジュール通り進んで行った。

 

25周で争われたレース2は、いきなりアクシデントが発生する。好スタートを切ったのは、ポールポジションスタートの中須賀克行、2番手に4番手グリッドの秋吉耕佑がつけ、濱原颯道、清成龍一、亀井雄大、そして津田一磨と続くが、3コーナーで津田が転倒を喫してしまう。このアクシデントのためセーフティーカーが入ることになり、2周目からSCランが続くことになる。オープニングラップのうちに清成が2番手に上がり、秋吉、亀井、濱原、加賀山就臣、名越哲平と続いていた。セーフティーカーは、3周が終了したところでピットに入り、4周目からレースが再開される。

 

 

このリスタートのタイミングで1コーナーで清成が中須賀をかわしてトップに浮上。中須賀、秋吉、亀井、濱原、加賀山と続いて行く。しかし、清成のトップの座は長く続かず、6周目に入るホームストレートで中須賀が前に出て行く。清成、亀井、濱原と続き、トップグループは4台となっていたが、ここからペースを上げて行った中須賀が2番手以下を引き離していき独走態勢を築いていく。

 

後方では、清成、亀井、濱原のHonda勢同士が2番手争いを繰り広げる。さらに後方では、秋吉と加賀山が5番手争いを展開していたが、8周目の1コーナーで加賀山が前に出ていく。

 

2番手争いは、亀井が濱原をかわし3番手に上がってくるが10周目の馬の背コーナーでオーバーランしてしまいタイムロス。濱原が前に出ると清成の背後に迫っていく。そして15周目のシケイン進入で清成がややはらんだところを濱原が前に出ていく。さらに清成の背後には、再び追いついてきた亀井が迫ると16周目シケイン進入で清成をかわして3番手にポジションを上げる。

 

 

トップを走る中須賀は、コンスタントに1分27秒台で周回。2番手に約10秒もの大差をつける独走でチェッカー。開幕戦から負けなしの5連勝を飾った。

 

 

2位争いは、濱原、亀井、清成の三つ巴のバトルとなっていた。ラスト2周の馬の背コーナーで亀井が濱原をかわし2番手に浮上。亀井、濱原、清成の順でファイナルラップを迎えていた。亀井は最後の力を振り絞りペースを上げていくが、馬の背コーナーで無念の転倒。濱原が2位、清成が3位でゴールする結果となった。亀井は、再スタートするものの12位で悔しいチェッカーフラッグを受けることになってしまった。

 

 

4位は加賀山、5位は名越、6位争いは、関口太郎を抑えた柳川明が制した。

 

 

8位に秋吉、9位に岩田悟、10位に児玉勇太、11位に中冨伸一と続いた。

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.