Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

JSB1000は中須賀、ST1000は岡本、ST600は小山がトップ!

第3戦スポーツランドSUGO 公開テスト 1日目

 

News 2021.05.11

 

 

2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦SUGO(5月22日・23日)に向けた公開テストが5月11日(火)より始まった。朝から雲は多いものの、湿度は低くコンディションは、まずまずと言ったところ。

 

今回のテストも全セッションで中須賀克行の名前がリーダーボードのトップに表示。初日は、2回目のセッションでマークした1分26秒878がベストとなった。

「コンディションは悪くなかったと思うのですが、今ひとつタイムを伸ばすことができませんでした。コンディション的には、2本目が一番よかったので、ベストタイムが出ましたが、まだまだ目標タイムには届いていないので、2日目もしっかり詰めていきたいですね」と中須賀。

2番手には、3本目に1分27秒811までタイムを詰めた加賀山就臣が着け、3番手には、1分27秒832の清成龍一、4番手には、1分27秒885の濱原颯道、5番手に1分27秒987の津田一磨と1分27秒台で続いた。

6番手に1分28秒361の秋吉耕佑、7番手に1分28秒415の柳川明、8番手に1分29秒593の名越哲平、9番手に1分29秒687の児玉勇太と続いた。

 

 

総合6番手にST1000トップの岡本裕生が1分28秒239で着け、非公式ながらコースレコードを更新する走りを見せた。渡辺一馬が1分28秒593、前田恵助が1分28秒808、高橋裕紀が1分28秒844、南本宗一郎が1分28秒918、津田拓也が1分28秒995と1分28秒台で続いた。

 

 

ST600クラスは、小山知良がこちらも自らの持つコースレコードを上回る1分30秒610をマークしトップタイム。2番手の荒川晃大も1分30秒644、3番手の國峰啄磨も1分30秒899と1分30秒台に入れている。

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.