Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】中須賀克行が開幕4連勝! 亀井雄大がJSB初表彰台 !!

第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000レース2レポート

 

News 2021.04.25

 

レーススタート

 

レース2は、レース1より2周長い16周で争われた。レース1と同様にスタートダッシュを見せたのは清成龍一。ホールショットを奪うとレースをリードしていく。これに濱原颯道、岩田悟、中須賀克行、亀井雄大、加賀山就臣、日浦大治朗、渥美心、秋吉耕佑、名越哲平、國峰啄磨と続いていく。

 

序盤のトップ争い序盤のトップ争い

 

レース序盤は清成がトップを走り、2番手の濱原のテールを中須賀が伺い、やや感覚を空けて亀井が追う展開。その後ろに岩田と加賀山が続いていた。

 

#2清成龍一と#7中須賀克行のトップ争い。後方の#11は亀井雄大#2清成龍一と#7中須賀克行のトップ争い。後方の#11は亀井雄大

 

中須賀は、4周目の1コーナーで濱原をかわすと清成のテールをピタリとマークしていく。濱原もトップの2台についていくが6周目の1コーナーで追い風の影響でオーバーランしてしまい亀井にかわされて4番手に降順。かわって3番手に上がった亀井が清成と中須賀に必死に食らいついて行くが、ジリジリと引き離され、単独走行となっていく。

 

『ペースが上げられなかった』清成龍一『ペースが上げられなかった』清成龍一

 

トップ争いは、清成と中須賀の一騎打ちとなり、2台が接近戦を繰り広げる。中須賀は、清成にプレッシャーをかけつつ走りを冷静に分析。レース終盤に入った13周目の1コーナーでブレーキングポイントを奥に取った清成がややはらんだところを見逃さず、インを突いた中須賀がトップに浮上。このレースのファステストラップとなる2分06秒224をマークし清成を一気に引き離し、そのまま独走。真っ先にチェッカーフラッグを受け、2戦連続ダブルウイン! 開幕4連勝を飾った。

 

『メチャメチャうれしい!』3位表彰台の亀井雄大の走り『メチャメチャうれしい!』3位表彰台の亀井雄大の走り

 

清成が5秒093差の2位、3位に亀井が入り、うれしいJSB1000初表彰台をチームのホームコースで達成した。4位に追い上げた日浦、5位に濱原、6位に名越、7位に加賀山、8位に岩田、9位に秋吉と単独で続き、三つ巴となっていた10位争いは生形秀之が制し、児玉勇太、関口太郎と続いた。13位に渥美、14位に山口辰也、15位に柳川明の順でチェッカーを受け、ここまでがポイント圏内となった。

 

表彰台で称え合う中須賀克行と亀井雄大表彰台で称え合う中須賀克行と亀井雄大

 

表彰台(左から 清成龍一/中須賀克行/亀井雄大)表彰台(左から 清成龍一/中須賀克行/亀井雄大)

 

【JSB1000クラス】

 

全公式結果

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.