Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 オートポリス 9/18-19 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】小山知良がレースをコントロールし開幕戦優勝

第1戦ツインリンクもてぎ ST600 レースレポート

 

News 2021.04.04

 

 

16周で争われるレースは、予選2番手の小山知良のホールショットで始まった。そして5コーナーでは予選3番手の横山尚太がトップの座を奪うが、90度コーナーでは小山が首位に返り咲き、ポールシッター國峰啄磨が2番手に上がり、横山は3番手で2周目に突入する。

 

レーススタートレーススタート

 

2周目の順位は、小山を先頭に國峰、横山、埜口遥希、荒川晃大、菅原陸、長尾健吾、鈴木光来らが続くが、数珠繋ぎ状態だ。そして3周目に鈴木が長尾をパスし、その鈴木は4周目に1分54秒284のファステストラップを記録する。

 

#3小山知良を先頭としたトップ争い#3小山知良を先頭としたトップ争い

 

しかし、6周目を迎えた頃から小山、國峰、横山、埜口の4人がトップグループを形成しはじめ、5番手の荒川以下は遅れ始めてしまい、7周目には4番手の埜口と5番手の荒川には1秒9差が生じてしまった。その荒川は、菅原、長尾を僅差で従えて5番手グループを形成する。

 

2位争いの#6横山尚太と#10國峰啄磨2位争いの#6横山尚太と#10國峰啄磨

 

優勝した小山知良の走り優勝した小山知良の走り

 

10周目の90度コーナーでミスをした國峰に対して横山と埜口が前に出る。そして14周目に埜口がトップに立つのだが、再び小山に逆転されてしまい首位の座をキープすることはできない。さらに15周目のヘアピンでは國峰と埜口が激しくポジションを争い、その後の90度コーナーでは國峰と横山が接近戦を演じるが、ここでも順位が入れ替わることはなく、結果、小山、埜口、國峰、横山の順でチェッカーとなった。

 

表彰台の小山知良表彰台の小山知良

 

表彰台(左から 埜口遥希/小山知良/國峰啄磨)表彰台(左から 埜口遥希/小山知良/國峰啄磨)

 

 

【公式結果】

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.