Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 in TSUKUBA 6/19-20 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】高橋裕紀がピットスタートから波乱のレースを制す!

第1戦ツインリンクもてぎ ST1000レースレポート

 

News 2021.04.04

 

表彰台での高橋裕紀

 

レース直前の降雨でウエット宣言が提示され、レースは2周減算の12周で争われることになった。また、路面コンディションが微妙な状況で、スリックタイヤ装着者とレインタイヤ装着者に分かれたのだが、これでレースのスタート直後は大混乱となった。

 

トップ争いレーススタート(左の#1はピットスタートの高橋裕紀)

 

好スタートを切ったのは予選3番手の渡辺一馬だったが、ホールショットは予選5番手の渥美心が奪う。そしてレインタイヤを装着する渥美は一気にスパートをかけ、なんとオープニングラップで2番手の豊島怜に4秒9の大差を付けた。その豊島も3番手の山口辰也に1秒8差をつけたが、その後に路面は乾き始めると、レインタイヤ装着の渥美をはじめ豊島、山口のペースは上がらず、代わってスリックタイヤ装着の渡辺、作本輝介らが反撃に打って出る。しかし、この2人を上回る驚異のハイペースで追い上げるライダーがいた。

 

トップ争い序盤は#14渥美心が独走する。後方の車両は山口辰也

 

午前のウォームアップでエンジントラブルを起こし、エンジンを載せ替えてピットスタートで臨んだディフェンディングチャンピオン高橋裕紀が、レース序盤から激しい追い上げを開始。4周目には9位、6周目には渡辺と作本をパスして3位に上がると、7周目にはトップに躍り出たのだ。

 

トップ争い最後尾から一気にトップまで追い上げた#1高橋裕紀

 

首位に立った髙橋だが、ペースが落ちる気配は全くない。8周目に渥美をパスして2番手に上がった渡辺、同じく3番手に上がった作本だったが、高橋には離される一方だった。

 

2位争い2位争いの#37渡辺一馬と#3作本輝介

 

これで渡辺と作本は激しい2位争いを展開。11周目にファステストラップ1分52秒359を記録した作本が渡辺をパスして2番手に上がるが、12周目のヘアピンで転倒。これで渡辺が2位に上がり、髙橋に続いてチェッカーを受けた。また、12周目にファステストラップ1分52秒344を叩き出して3番手でコントロールラインを通過した津田拓也だったが、グリッド上での作業違反により30秒加算のペナルティで10位に降格。

 

トップ争い表彰台(左から 渡辺一馬/高橋裕紀/岡本裕生)

 

代わってST1000ルーキー岡本裕生が3位、昨年のJSB1000から今年はST1000にスイッチした前田恵助が4位となり、レインタイヤでレース序盤を牽引した渥美は、長谷川聖、藤田拓哉、南本宗一郎に次ぐ8位となった。9位に村瀬健琉が入り、11位の榎戸育寛も津田と同様にグリッド上での作業違反による30秒加算のペナルティが課せられていた。そして12位に和田留佳、13位に武田数馬、14位にはレース序盤で2位を走った豊島、ポイント圏内最後の15位に柴田義将が入った。

 

 

【公式結果】

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.