Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2014 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!


    どこよりも早く
    監視カメラで生中継!


    レーススタートから
    1時間後に配信!!
  • RC バイク ミニッツモトレーサー
  • メルマガ登録
    エントリーフォームからあなたのメールアドレスを登録すると最新の全日本ロードレース情報やメルマガ受信者だけの特典企画満載のメルマガが配信されます。
  • レーシングライダーの人間ドラマに迫るバイクレース専門サイト! Racing Heroes
  • 2014 MFJ SUPERBIKE OFFICIAL GUIDE BOOK
  • アジアロードレース選手権
  • BS12 JRR
    毎週月曜日夜8時は
    バイクの時間!

    放映スケジュールはこちら
  • 奥の松酒造
  • BS11 大人のバイクの時間
  • サーキット トイラン
  • ライディングスポーツ

ルール・概要

シリーズ各戦のトータル獲得ポイントで年間王座が決まる

全日本ロードレース選手権では、レースはクラスによって距離が決まっており(例えばJSB1000は40km以上〜130km等)、その範囲内でそれぞれ開催サーキットでの周回数が決まります。

 

エンジンがかかった状態でスターティンググリッドにつき、レッドシグナルが消えた時点でスタートとなります。

 

そして、一番速くチェッカーフラッグを受けたライダーが勝利。

 

年間チャンピオンには、シリーズ各戦を通じてポイントを一番多く獲得したライダーが輝きます。

 

2007年シーズンからJSB1000クラスのみ20位までポイントが与えられ、さらに2010年からはその範囲が全クラスまで拡大されることになりました。より多くのライダーにポイント獲得のチャンスが増えることになります。

 

[全クラス]

← 順位 →

1位-2-3-4-5-6-7-8-9-10-11-12-13-14-15-16-17-18-19-20位

 

← ポイント →

25pt-22-20-18-16-15-14-13-12-11-10-9-8-7-6-5-4-3-2-1pt

 

一つでも上位でゴールし、1ポイントでも多くポイントを獲得し、少しでもランキング上位を目指します。

 

 

シーズン終了時に同ポイントの場合は、上位入賞が多いライダー、最終戦成績結果の上位のライダー…、とランキング上位の基準が定められています。

 

最終戦は「MFJグランプリ大会」として開催します。

 

このMFJグランプリは、シリーズポイント獲得者、各チャレンジカップ選手権上位入賞者などの参加資格が別に定められており、シリーズの集大成に相応しい大会となっています。

 

さらにMFJグランプリでは、規定のポイントにボーナスポイントとして各順位で3ポイントが加算される(1位/25+3=28pt・2位/22+3=25pt…以下同)。

 

これら以外にも、何より安全・公平なフェアプレーの精神で、そしてエキサイティングにレースを行なうためのルールが定められています。

 

MFJ公式サイト(http://www.mfj.or.jp)では、ルールブック=国内競技規則がPDFファイルでダウンロードすることができます。

 

興味のある方は是非一度ご覧ください。

 

レースがより一層面白く観戦できること請け合いです。

JSB1000チャンピオンには文部科学大臣杯

 

日本国内におけるスポーツの普及、振興を目的として全国規模で行なわれている競技に贈られる「文部科学大臣杯」が、全日本ロードレース選手権でも2002 年より文部科学省より授与されています。

 

2002年、2007年は渡辺篤、2003年は北川圭一、2004年は井筒仁康、2005、2006年は伊藤真一、2008、2009、2012、2013年は中須賀克行、2010年、2011年は秋吉耕佑がその栄誉を称えられています。

 

今シーズンもJSB1000クラスのチャンピオンに「文部科学大臣杯」が贈られます。

 

MFJは、1990年に文部省(現:文部科学省)所轄の財団法人となり、モーターサイクルスポーツの普及・発展を通じ、国民の心身の健全な育成に寄与することを目的として活動しています。

ゼッケンを覚えて観戦しよう

JSB1000・J-GP2・J-GP3・ST600クラスのゼッケンのバックグランド(ベース)は、数字が読みやすい状態であればカラーリングは自由と決められています。

 

数字は、黒か白でFutura Heavyを基準とするゴシック体で、影付き文字は使用できません。

 

ただし、チャンピオンゼッケンの“1”に限り、見やすいものであれば自由という特例が認められています。

 

JSB1000・J-GP2・ST600クラスは、サポートナンバーをアンダーカウルに入れることになっています。

 

ナンバーは、原則として前年度のランキングが基準となって割り振られますが、ライダー個人やチームが固定のナンバーを希望することもあります。(例:87=柳川明、634=MuSASHi RT ハルク・プロ など)

 

 

 

 

SponsorsSponsors

↑ up
© 2014 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2014 MFJ. All rights reserved.