Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2014年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 9/13-14

  • 全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!


    どこよりも早く
    監視カメラで生中継!


    レーススタートから
    1時間後に配信!!
  • RC バイク ミニッツモトレーサー
  • メルマガ登録
    エントリーフォームからあなたのメールアドレスを登録すると最新の全日本ロードレース情報やメルマガ受信者だけの特典企画満載のメルマガが配信されます。
  • サポーターズ
  • レーシングライダーの人間ドラマに迫るバイクレース専門サイト! Racing Heroes
  • 2014 MFJ SUPERBIKE OFFICIAL GUIDE BOOK
  • アジアロードレース選手権
  • BS12 JRR
    毎週月曜日夜8時は
    バイクの時間!

    放映スケジュールはこちら
  • 奥の松酒造
  • BS11 大人のバイクの時間
  • サーキット トイラン
  • ライディングスポーツ

クラス・マシン

国内最速のライダーたちが大排気量マシンで繰り広げるバトル
JSB1000JSB1000

JSB1000クラスは、日本のホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、イタリアのドゥカティ、アプリリア、ドイツのBMWといった国内外の最新リッタースーパースポーツバイクがエントリー。いずれも約200馬力を発揮するメーカーの威信をかけたハイパワーのマシンとなっており、そのモンスターをライディングし、世界レベルのテクニックを持つトップライダーたちがハイレベルな戦いを繰り広げています。その迫力は、まさに国内最高峰という言葉がふさわしいものです。日本最大のロードレースとして有名な鈴鹿8時間耐久ロードレースに直結するクラスでもあります。

 

排気量は4ストローク4気筒は600ccから1000cc、3気筒は750ccから1000cc、2気筒は850ccから1200ccとなっており、それぞれ最低重量が3、4気筒は165kg、2気筒は170kgと最低重量が決められています。また、コストの高騰を抑えるために上位6位に入賞した車両に対して、部品の買取制度、タイヤについては使用本数の制限が設定されています。


市販状態に近いマシンにも関わらず、世界レベルのテクニックを持つ全日本のトップライダーたちにかかれば、数年前のワークスマシンをしのぐラップタイムをマークします。国内最速のライダーたちが大排気量マシンを駆り、繰り広げるバトルは必見! 国内最高峰の迫力がここにはあります。

 

マシンの熟成が進むにつれ毎年レベルが向上!
J-GP2J-GP2

2010年より始まったJ- GP2クラス(600cc/4ストローク)。マシンはST600クラス改と言えるものと、Moto2などのオリジナルフレームを採用したものがエントリーしています。最低車両重量は、148kgに一本化され、エンジンの改造範囲はST600とほぼ同じで、シリンダーヘッドは、燃焼室の研磨およびポーティングのみ認められています。タイヤはスリックタイヤのみ使用でき、2011年シーズンよりフロントフォークの変更・改造(買取制度あり)、バックトルクリミッター機構(スリッパ−タイプ)への交換などが可能となっています。マシンの熟成が進むにつれ毎年レベルが上がってきており、エントリーも増えてきています。

 

いかにスピードを乗せたままコーナーを曲がるか!
J-GP3J-GP3

MotoGPロードレース世界選手権Moto3クラスに直結しており、若手からベテランまで切磋琢磨しています。トップスピードこそ大排気量クラスのマシンには劣りますが、コーナリングスピードは、それをしのぐ速さを見せるのが特徴。高いコーナリングスピードを維持しながら、いかにスピードを乗せたままコーナーを曲がるかという、小排気量ならではのテクニックが要求されるクラスです。レースは常に混戦模様で、順位も激しく入れ替わることが多く、見応えのあるレースが繰り広げられています。

 

ベテランから若手まで実力ぞろいのライダーが切磋琢磨
ST600ST600

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキが、それぞれ最新のスーパースポーツモデルをラインナップしており、ベテランから若手まで実力ぞろいのライダーが毎戦ハイレベルな戦いを繰り広げています。

 

創設された2001年当初は、GP125クラス相当のタイムを想定したレギュレーションでしたが、ベースマシンのハイスペック化に伴い、足回りとエンジン、フレームなどのバランスを取るために、2007年シーズンよりフロント・リアともサスペンションの変更が可能となりました。これにより、セッティングの範囲が広くなり、よりライダーの技量がモノを言うクラスとなっています。

 

タイヤ本数制限があり、使用できるのは、予選・ウォーミングアップラップ・決勝を通じて3セット(予選走行が1回の場合は2セット・ウエットタイヤは別)までとなっています。また、このクラスもコストの高騰を抑えるために、車両と部品の買取制度があり、レースで上位6位以内に入った車両が、その対象となります。

 

排気量は、4気筒は401cc〜600cc、2気筒は600cc〜750ccまでとなっており、エンジンの改造範囲は狭く、タイヤも溝付きのスポーツタイヤを使っています。ストリートを走るマシンに一番近いクラスとも言えます。レギュレーションがアジア選手権SS600クラスと近く、ここ数年はアジアとの交流が密接になってきています。

 

SponsorsSponsors

↑ up
© 2014 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2014 MFJ. All rights reserved.