Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2016年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 スポーツランドSUGO 6/25-26 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

全日本ロードレース選手権とは

国内最高峰のモーターサイクルレース

「MFJ SUPERBIKEって何?」

 

 

MFJ SUPERBIKE=全日本ロードレース選手権は、全国のサーキットを舞台に争われる国内最高峰のオートバイ・ロードレースシリーズです。

 

ロードレースとは、オートバイが登場したばかりの20世紀初頭に、公道(ロード)で競われ(レース)たのが、その発祥です。その後、オートバイの進化と共に、安全性が高く、より高度な走りが可能なサーキットが建設され、1949年よりロードレース世界選手権シリーズが開催されています。

 

国内では1961年に財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が設立され、1962年に全日本ロードレースを初開催しました。1967年よりシリーズ戦となり、現在に至っています。2016年シーズンは4月9日・10日に茨城県・筑波サーキットで開幕し、11月5日・6日に三重県・鈴鹿サーキットで行われるMFJグランプリまで、全国のサーキットを舞台に全9戦のスケジュールで激戦が繰り広げられます。

 

一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は、日本国内のモーターサイクルスポーツを統括する、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)に連なる唯一の日本代表機関です。モーターサイクルスポーツのロードレース・モトクロス・トライアル・ドラッグレース・ダートトラック・スノーモビルの各カテゴリーを統括しています。

 

その中で、MFJ SUPERBIKEとは、ロードレースの国内最高峰シリーズ「全日本ロードレース選手権」に冠された愛称です。スーパーバイク世界選手権と混同しないように、「SUPERBIKE.JP(スーパーバイク・JP)」と覚えてください。

それぞれ特色のある4クラス

 

2016年の全日本ロードレース選手権は、JSB1000を最高峰クラスに、J-GP2、J-GP3、ST600と計4クラスを開催します。

 

JSB1000は、国内外の最新リッタースーパースポーツバイクがしのぎを削り、ハイレベルな戦いが繰り広げられています。日本最大のロードレースとして有名な鈴鹿8時間耐久ロードレースに直結するクラスでもあります。

 

J-GP2クラスは、2010年に新設された4ストローク600ccのGPフォーミュラ技術仕様によるクラスで、MotoGPロードレース世界選手権Moto2クラスへの道筋も見据えたクラスです。

 

ST600クラスはマシン差が少なくベテランから若手まで実力ぞろいのライダーが多くレベルの高いレースが繰り広げられています。アジアロードレース選手権SS600クラスとレギュレーションが近く、ここ数年は交流が進んでいます。2015年よりブリヂストンタイヤのワンメイクとなり、よりローコスト、イコールコンディションで争われるクラスとなっています。

 

J-GP3クラスは、2012年より250cc単気筒4ストロークレーサーで争われる新時代のカテゴリーとなっています。MotoGPロードレース世界選手権Moto3クラス直系のカテゴリーになります。

 

このようにMFJ全日本ロードレース選手権は、特徴のある4クラスがあり、それぞれ魅力のあるレースを全国各地で展開しています。過去には、ここから世界へ旅立ち、世界チャンピオンとなった選手もいます。世界的に見てもそのレベルは高く、若手からベテランが激しい戦いを繰り広げているのです。

 

SponsorsSponsors

↑ up
© 2016 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2016 MFJ. All rights reserved.