| Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA | Rd3 AUTO POLIS | Rd4 SUGO | Rd5 OKAYAMA | Rd6 MOTEGI | Rd7 SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in TSUKUBA


GP250

文部科学大臣杯 2010年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in TSUKUBA
主催:筑波サーキット(2.070Km)
決勝レポート
DATE:2010-4/4
■開催日/予選:4月3日(土)、決勝:4月4日(日)  ■天候/予選:晴のち曇 決勝:晴 ■路面/ドライ
■開催場所/茨城県・筑波サーキット(2.070Km) ■観客数/予選:2,700人・決勝:16,100人

小室旭が宣言通りの完全勝利!

 ポールシッターの小室旭がホールショットを奪い、オープニングラップからトップを快走。序盤から後続を引き離していく。2番手には坪川浩明がつけ、谷川壮洋、森田直樹、藤井謙汰、星野知也、赤間清、川野泰成、瀬古直樹と続き大きな集団となって争っていた。この2番手争いに埋もれてしまっていた藤井が7周目に集団から抜け出し小室を追う。藤井は先に行われたJ-GP3の決勝で転倒し、体にダメージを負いながらも、ファステストラップを叩き出す意地の走りをみせる。
 しかし小室は、一時は約3秒稼いだ差をコントロールする安定した走りでトップをキープ。開幕戦で完璧なポール to ウインを決めた。アグレッシブな走りを見せた藤井は最終的に小室と1秒差の2位でゴールした。
 藤井が抜け出したことで3位争いとなった集団は星野、坪川の2台がリードを築いていたが、15周目の2コーナーで星野が転倒。一方の坪川は後ろの集団に飲み込まれてしまう。この周に坪川をかわした谷川を先頭に、3位争いは再び5台にふくれあがった。坪川はラストラップのバックストレートから最終コーナーで谷川をインから抜きにかかるが、谷川が抑えきり3位表彰台に上がった。坪川、森田、川野、瀬古が僅差で続いてゴールした。
 8位以降は赤間清、松井洪弥、松江保幸、岡ア智らが続き、注目の女子高生ライダー・岡ア静夏は16位でチェッカーを受けている。。

[佐藤 寿宏]
●ライダーのコメント

優勝/#2 小室 旭 TeamKOMUROwithHARC
『(雨や気温の低下など)条件が不安定になったとしても、事前テストで雨のセットアップもある程度できてタイムも出ていたので、どんなコンディションでもいける準備はできていました。見ている方にとっては、つまらないレースだったかもしれませんね。バトルになると、どうしても接戦になる。そうならないためにはスタートで前に出て自分のペースで走って、どれだけついて来られるかだと思い、(予定通り)始めのうちに引き離せたので(後ろとの)差を見ながら走りました。事前テストからタイムは刻めていたのでレースウイークは詰めの作業でしたが、思った通りに詰まっていったので自信はありました。筑波は一番走り慣れているコースですが、他のサーキットでも常に勝ちを狙える状態で挑みたいと思います』

2位/#3 藤井 謙汰 TSR
『J-GP3の決勝は2周目の第1ヘアピンでハイサイドして転んでしまい、その時にヒザを打って、バイクにまたがれないんじゃないかという状況でした。スタートでは地面からステップに足を乗せられなくて出遅れちゃったし、切り返しが遅くなったりしたけど(小室さんに)どんどん追いついて自分のベストタイムに近いタイムも出せたので、シーズンの出だしとしてはよかったのかな。昨年のKTMから、今年はホンダのエンジンに載せ替えたのですが、以前に乗っていた車種なのでデータもあって完成度も高い。戦いやすいバイクだと思います』

3位/#6 谷川 壮洋 CLUB PLUS ONE
『スタートはまあまあで、第1ヘアピンで2番手に上がり、その後も小室くんにそれほど離れずについていけたので、このままうまくペースをつかめるかなと思ったのですが、マシンにトラブルもあり、ヘルメットも曇ってしまって少しシールド上げて走っていたような状態でした。最近、目の手術もしたので徐々に見えにくくなってしまった。マシンのセッティングも昨日まで決まらずに四苦八苦していました。最終的なセッティングはサイティングラップで確認し、まあまあ戦えるかなとは思っていたが、目のこともあって追いつけなかったかな。昨年の開幕戦は転倒で、そこから脱出したいと思っていたので、まずまずの順位ですね』


GP-MONO決勝レース   レース序盤から小室がリード
   
GP-MONO決勝レース   優勝した小室旭
   
GP-MONO決勝レース   藤井謙汰の走り
     
GP-MONO決勝レース   優勝/小室旭(中)、2位/藤井謙汰(左)、3位/谷川壮洋
     
ルーキーズ決勝レース   参加資格を満たした12?18歳のライダーがワンメイクマシンで戦うルーキーズカップin筑波も同時開催された。MFJレディスロードレース出身の2吊も参加。写真は、白石玲菜。奥にいるのは、2009MFJレディスロードレースチャンピオン、高校2年生のライダー岡ア静夏(全日本GP-MONOクラスに参加。予選17番手からスタート。レース終盤には2台をかわして16位でフィニッシュした)
     
ルーキーズ決勝レース   ルーキーズカップ決勝レースHeat1、Heat2ともに制した大塚和人
     

Photo:H.Wakita(c)

 
| Top |



(C)MFJ. All rights reserved.