Contact UsContact Us
  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

ダブルタイトルを狙う南本宗一郎!

井手翔太が新加入。仲村優佑はARRC600にスイッチ!!

 

News 2020/02/03 02:02:15

 

20200202_01.jpg

稲垣誠率いるAKENO SPEED・YAMAHAが2020年シーズンのチーム体制を発表した。


まず昨年、全日本ST600クラスでランキング2位となった南本宗一郎が引き続き参戦し、アジアロードレース選手権SS600クラスにもフルエントリーしダブルタイトルを狙う。全日本ST600クラスには、井手翔太が加わり2台体制で臨む。


「今年もヤマハ様、NTTぷらら ひかり4K様を始め、多くの皆さんのご支援があり全日本ST600クラス、そして新たにARRC SS600クラスにフルエントリーします。昨年、南本はランキング2位となっただけに、今年はチャンピオン獲りに行きます! 井手もST600初挑戦になりますが、南本に少しでも近づけるようにチームとしてもバックアップして行きます」と稲垣代表。


エースライダーとして成長した南本は「昨年は初優勝、ランキング2位を勝ち取ることができました。残すはチャンピオンのみです。同じパッケージで戦えることをチーム、スポンサー様に感謝します。日頃の感謝をチャンピオンという形で残すことが今シーズンの使命です。また、全日本にはNTTぷらら様、アイキャスト様にサポートしていただくことになり“ひかりTV4K”のロゴを纏い走ります。ARRCにもフル参戦できることになり、ダブルタイトルが最大の目標です。応援よろしくお願いいたします!」


新たにチームに加わった井手は「5年間所属していたRC甲子園YAMAHAから新しい挑戦のためにAKENO SPEED・YAMAHAに加入し全日本ST600にフル参戦させていただくことになりました。2018、2019年とJ-GP2に参戦しましたが、全く納得のいく結果を得ることができずに終わってしまいました。しっかり自分を見つめ直し、ST600で速さを見せたいです」と再起を賭ける。


一方、仲村優佑は、全日本ST600からARRC SS600にスイッチする。「ARRCの舞台に挑戦させていただけることをチーム始め、スポンサーの皆様に感謝しています。以前、AP250クラスで走っていた時と同じサーキットはタイ・ブリラムだけなので、初めてのコースばかりでの挑戦になりますが全戦表彰台を目指して頑張ります!」と新たなチャレンジに燃えている。


全日本とアジアを股にかけるシーズンとなるAKENO SPEED・YAMAHA。AKENOイエローのマシンが2つのチャンピオンシップ制覇を目指す!

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2020 MFJ. All rights reserved.