Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

 
  • 2019年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 オートポリス 10/5-6 - SUPERBIKE.JP
  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

水野涼がついにトップタイム!

第6戦岡山国際 公開テスト2日目

 

News 2019/08/22 18:43:49

 

20190822_01.jpg

第6戦岡山国際 公開テスト2日目が8月22日(木)に当地で行われた。各クラスに分かれたセッションが2回ずつあり、J-GP3クラスは、2日目から走り始めた。


JSB1000クラスは、初日も若手が速さを見せたが、2日目は、水野涼が主役だった。1本目では、ただ一人、1分27秒台に入れトップにつけると、2本目では、1分27秒686までタイムを縮め総合でもトップタイムをマークした。


「今回、このマシンで初めて岡山を走ったのですが、最初に中古タイヤで、すでに去年の自己ベストを越すことができて1分27秒台に入れることができたのですが、最後に野左根選手に抜かれてしまいました。2日目は、1本目からいい調子でしたし、ベスト付近で周回できているので、アベレージもいいところまで持って来られていると思います。すごくいい内容のテストができたので、レースが楽しみです。岡山国際サーキットは、好きなコースですし今度こそ勝ちを狙いたいですね」と水野。


2番手に中須賀克行が1分27秒856、3番手に野左根航汰が1分27秒991で続きトップ3が1分27秒台。4番手に渡辺一樹が1分28秒308、5番手に高橋巧が1分28秒422、6番手に渡辺一馬が1本目のタイムで1分28秒522、7番手に加賀山就臣が1分29秒052、8番手に秋吉耕佑が1分29秒323、9番手に岩戸亮介が1分29秒398、10番手に前田恵助が1分29秒795、11番手に濱原颯道が1分29秒868、12番手に津田拓也が1分30秒100、13番手に亀井雄大が1分30秒105、14番手に関口太郎が1分30秒161、15番手に津田一磨が1分30秒222、16番手に羽田太河が1分30秒514、17番手に柳川明が1分30秒549、18番手に星野知也が1分30秒877、19番手に伊藤和輝が1分31秒774、20番手に清末尚樹が1分31秒969、21番手に中冨伸一が1分32秒126、22番手に児玉勇太が1分32秒791で続いた。


ST600クラスは、岡本裕生が両セッション共にトップタイムをマーク。2本目の1分33秒193がベストタイムだった。2番手に自己ベストを更新した奥田教介が1分33秒540で続き、3番手に1分33秒549の小山知良、4番手に1分33秒739の國峰啄磨、5番手に1分33秒817の長尾健吾、6番手に1分33秒829の古山颯太と続き、ここまでが1分33秒台。以下、1分34秒036のステファン・ヒル、1分34秒217の荒川晃大、1分34秒258の伊達悠太、1分34秒272の杉山優輝、1分34秒290の横山尚太、1分34秒488の田所隼、1分34秒511の長尾健史、1分34秒558の関野海斗、1分34秒563の中山耀介、1分34秒610の菅原陸、1分34秒611の岩田悟、1分34秒667の佐野勝人、1分34秒708の稲垣誠、1分34秒718の佐野優人と1分34秒台で続いた。


J-GP2クラスは、1本目に尾野弘樹が、ただ一人1分31秒台に入れ1分31秒962をマークしてトップにつけるが、2本目開始早々に転倒。大きなケガがなかったのが不幸中の幸いだった。2本目では、榎戸育寛がタイムを縮め1分31秒835でトップタイム。2番手に尾野、3番手に1分32秒024の作本輝介、4番手に1分32秒676の岩哲朗、5番手に1分32秒818の小谷咲斗、6番手に1分33秒923の井手翔太、7番手に1分34秒322の徳留真紀、8番手に1分34秒815の阿部恵斗、9番手に1分35秒321の豊島怜、10番手に1分37秒121の筒井伸、11番手に1分37秒799の朝比奈正と続いた。


J-GP3クラスは長谷川聖がただ一人1分37秒台をマークする速さを見せ両セッションをリード。ベストタイムは、2本目にマークした1分37秒814だった。2番手に1分38秒151の村瀬健琉、3番手に1分38秒223の高杉奈緒子、4番手に1分38秒315の福嶋佑斗、5番手に1分38秒397の安村武志、6番手に1分38秒564の成田彬人、7番手に1分38秒671の太田虎之進、8番手に1分39秒052の山本恭裕、9番手に1分39秒357の岡崎静夏、10番手に1分39秒425の細谷翼と続き、暫定ポイントリーダーの鈴木大空翔は、1分39秒605で11番手となっている。


岡山国際サーキット公式サイト(大会特設サイト・前売チケット)

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2019 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2019 MFJ. All rights reserved.