Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

 
  • 2019年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 オートポリス 10/5-6 - SUPERBIKE.JP
  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

南本宗一郎が初優勝! ASB1000鈴鹿初開催!!

アジアロードレース選手権第4戦・日本 RACE 1

 

News 2019/06/29 21:39:21

 

20190629_01.jpg

三重県・鈴鹿サーキットで2019年アジアロードレース選手権(ARRC)第4戦日本ラウンドが行われた。6月29日(土)は公式予選とレース1があり、今シーズンよりスタートしたASB1000クラスのレースが鈴鹿で初めて行われた。改造範囲は狭く、全日本ロードレース選手権で2020年シーズンより始まるST1000に近いレギュレーション。タイヤは、同じものになる予定だけに、そのラップタイムにも注目が集まった。


公式予選は、ザクワン・ザイディが2分09秒718でポールポジションを獲得。ラタポン・ウィライローが2分09秒951で続き、この2人のみが2分09秒台。日本勢では、ワイルドカード参戦の中冨伸一が2分10秒688で6番手となったのが最上位だった。


11周で争われたレース1。ザクワンがリードするが、ブロック・パークスがトップに立つと、そのままリードを広げ今シーズン2勝目をマークした。2位争いはザクワンが制し、3位にアズラン・シャー・カマルザマンと続いた。日本勢では、金曜日の2本目に転倒し左足を痛めていた伊藤勇樹が根性の走りで6位。中冨が9位、津田一磨が10位、寺本幸司はマシントラブルで無念のリタイアとなっている。

20190629_02.jpg

SS600クラスは、ここまで開幕戦から6連勝中のピラポン・ブーンラットが、浜口俊之が持つ7連勝という連勝記録に並ぶチャンスだった。そのピラポンがポールポジションスタートからレースをリード。これに予選3番手のカズマ・ダニエル・カスマユディンが続き、予選2番手の南本宗一郎が、やや離れて3番手につけていた。レース終盤になるとピラポンのペースが上がらずカスマユディンが前に出て行く。これに呼応し、南本もトップ争いに加わるとピラポンをかわし2番手に上がるとラストラップに入る直前の9周目のシケインのブレーキングでカスマユディンをかわしトップに浮上! そのまま後続に付け入るすきを与えず、うれしいARRC初優勝を飾った。日本勢は、佐野優人が4位、奥田教介が6位、佐野勝人が12位でゴール。豊島怜と荒川晃大はリタイアとなっている。


AP250は、アンディ・ムハマド・ファドリが独走優勝。2位争いの集団に加わっていた佐々木將旭が10位でゴールし、日本勢最上位となった。


UB150は、今回も大集団でのトップ争いが繰り広げられた。日本人でただ一人フル参戦している彌榮郡は、この中でバトルを繰り広げていたが接触転倒で悔しいリタイア。


日曜日は、各クラスのレース2が開催される。ゆうえんち入場料だけでパドックエリアも入れ、ピットウォークにも参加できる。お近くの方は、ぜひ!


鈴鹿サーキット・アジアロードレース選手権・日本ラウンド

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2019 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2019 MFJ. All rights reserved.