Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

発足7年目は新たな舵取りのシーズン

TONE RT SYNCEDGE4413 2019年チーム体制発表

 

News 2019/01/13 19:17:59

 

20190113_01.jpg

TONE RT SYNCEDGE4413が昨年に引き続き、今年も千葉県・幕張メッセで開催されているオートサロン、ロックブースで2019年シーズンの参戦体制発表を行った。


JSB1000クラスには、昨年に引き続き“ホッシー”こと星野知也がフルエントリー。渥美心は、第2戦鈴鹿2&4レースへのスポット参戦し、鈴鹿8耐を見据えて、まずはトライアウトに臨むことになる。マシンは、BMW S1000RRにピレリというパッケージは、変わらずに臨む。


「昨年は、JSB1000クラスに初めてフル参戦させてもらいました。開幕戦では、いきなりフロントロウに並べたり、コンディションによってメーカー系のチームに割って入ることができたりしました。今年も、それ以上の結果を期待されているのは、分かっています。プレッシャーでもありますが、その期待をプラスに考えて、いい走りをしたいと思っています」と星野。


「チームも7年目になりました。今年は、鈴鹿8耐でのSSTクラス優勝は、必ず獲りに行かなければならないと思っていますし、そのためにも全日本でも、いい結果を出していきたいですね。また、チームとして活動を続けて行くために、新たなチャレンジを開始する予定です」と山下監督。


MFJ CUP JP250クラスには、引き続き石井千優がエントリー。毎戦表彰台に立つことを目標に、後進の育成にも力を入れて行くと言う。


昨年、プライベーターながら光った走りを見せた星野と、鈴鹿でキレのある走りを見せた渥美が、今年もレースをかき回してくれそうだ。

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2019 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2019 MFJ. All rights reserved.