Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2019年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦 ツインリンクもてぎ 4/6-7 - SUPERBIKE.JP
  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

ランドマークタワーで2018年を締めくくる

TONE RT SYNCEDGE4413 シーズンエンドパーティー

 

News 2018/12/16 12:33:25

 

20181216_01.jpg

全日本JSB1000クラス、J-GP2クラスに参戦しているTONE RT SYNCEDGE4413が横浜みなとみらいランドマークタワー25F TKPラウンジでシーズンエンドパーティーを12月15日(土)に開催した。


チーム代表の高村嘉寿、チーム監督の山下祐、JSB1000の星野知也、J-GP2の三原壮紫、JP250の石井千優、スポット参戦し鈴鹿8耐を戦った渥美心が集まってくれたファンや関係者に挨拶。ゲストの関口太郎、飛び入り参加の長尾健吾などの全日本ライダーも登場し会場を盛り上げた。


写真を見ながらシーズンを1戦ずつ振り返るコーナーでは、ココでしか聞けないエピソードも飛び出し、ファンは興味深く聞いていた。山下監督の独演状態もあり、予定は大幅にオーバーしたものの、そのまま豪華景品が当たるジャンケン大会になだれ込み、パーティーはフィナーレを迎えた。

20181216_02.jpg

2018年シーズン、TONE RT SYNCEDGE4413は、ライダーラインナップを一新、タイヤもピレリにスイッチして臨んだが、開幕戦ツインリンクもてぎで、星野がいきなりフロントロウに並ぶ快挙を成し遂げた。その後も5位を2回記録し、ランキング12位というプライベーターでは驚異的なリザルトを残した。「JSB1000クラスを走るのは初めてでしたし、自分でもココまで走れるとは思っていませんでした。ルーキーオブザイヤーは獲れませんでしたが、87ポイントをJSB1000クラスで獲ることは、なかなか難しいと思います。これも支えてくれたチーム、応援してくださった皆さんのおかげだと思っています。ありがとうございました」と星野。J-GP2の三原も最終戦MFJ-GPで表彰台に上がりランキング6位と健闘した。


2019年のチーム体制は、1月のオートサロンで行う予定。来シーズンも全日本を盛り上げてくれそうだ。

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2019 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2019 MFJ. All rights reserved.