Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

中須賀克行がトップ。予選でレコード更新を狙う!

最終戦MFJ-GP鈴鹿 ART合同走行

 

News 2018/11/02 18:37:10

 

20181102_01.jpg

レースウイーク2日目も雲一つない快晴となった鈴鹿サーキット。金曜日は、ART合同走行が行われ、朝から各ライダーは、積極的にマシンセットに勤しんだ。


JSB1000クラスは、1本目でニュータイヤを入れた高橋巧が2分05秒530をマークしてトップ。中須賀克行は、ユーズドタイヤで2分05秒990をマークし2番手。木曜日に初めて鈴鹿を走ったトプラク・ラズガットリオグルが2分06秒364まで縮めて3番手につけ注目を集めたが2本目のセッション開始早々にヘアピンで他車と接触転倒。右鎖骨を骨折してしまい残念ながら欠場となってしまった。


2回目のセッションは、西日がきつい中での走行となったが、中須賀が2分05秒030までタイムを縮め2日目もトップタイムを記録する結果となった。
「西日がきつかったけれど、サスペンションセットも進み、マシンは順調に仕上がって来ています。10周のレース1は、2分05秒台前半で走ることも見えて来ていますし、公式予選では、条件がそろえばコースレコードを更新したいですね」と、2日目も順調に進んでいる。


1本目のタイムで2番手につけた高橋巧は「2回目は、ユーズドタイヤでいろいろセットを試していましたが、いい方向に行きませんでした。戻るところはあるので、土曜日もセットを詰めて行きたいですね。大事なのはレースなので、一番いい状態で臨みたいですね」と、こちらも着実に前進しているようだ。


3番手の渡辺一馬も「いろいろメニューをこなしていますが、その中で、いい方向に進んでいると思います。1回目はユーズドで、2回目でニュータイヤを入れたのですが、もう少しタイムを出しておきたかったですね。予選では2分05秒台には入れたいです」とコメント。タイムは2分06秒343だった。


4番手に2分06秒364のトプラク、5番手に2分06秒662の野左根航汰、6番手に2分06秒810の渡辺一樹、7番手に2分06秒974の津田拓也、8番手に2分06秒980の清成龍一、9番手に2分07秒090の加賀山就臣、10番手に2分07秒319のブラッドリー・レイ、11番手に2分07秒538の秋吉耕佑、12番手に2分07秒834の高橋裕紀、13番手に2分07秒909の水野涼、14番手に2分08秒031のザクワン・ザイディ、15番手に2分08秒835の生形秀之、16番手に2分08秒845の近藤湧也、17番手に2分08秒921の星野知也と続いた。


J-GP2クラスは、暫定ランキングトップの岩戸亮介が2分09秒735をマークしトップタイム。2番手に2分10秒989の関口太郎。3番手に2分11秒364の名越哲平、4番手に2分11秒456のケミン・クボ、5番手に2分11秒456の榎戸育寛、6番手に2分11秒855の尾野弘樹、7番手に2分12秒219の石塚健、8番手に2分12秒517の作本輝介と続いた。


ST600クラスは、暫定ランキングトップの小山知良が、1本目から2分13秒台に突入。2本目にさらにタイムを縮め2分13秒327でトップタイム。2番手に2分13秒474の佐野優人、3番手に2分13秒502の國峰啄磨と続き、トップ3が2分13秒台。4番手に2分14秒031の長尾健吾、5番手に2分14秒171の中山耀介、6番手に2分14秒191の佐野勝人と続き、暫定ランキング2番手の岡本裕生は、2分14秒200で7番手となった。以下、2分14秒351の古山颯太、2分14秒413の南本宗一郎、2分14秒667の稲垣誠と2分14秒台で続いた。


J-GP3クラスは、小室旭がただ一人2分18秒台に突入し、2分18秒554でトップ。2番手に2分19秒136で中島元気、3番手に2分19秒215で長谷川聖、4番手に2分19秒377の菅原陸、5番手に2分19秒729の宇井陽一、6番手に2分19秒752の鈴木大空翔、7番手に2分19秒862の福嶋佑斗、8番手に2分20秒177の中山愛理、9番手に2分20秒299の岡谷雄太、10番手に2分20秒614の安村武志と続くトップ10だった。


鈴鹿サーキット公式WEBサイト(大会特設サイト)


◎タイムテーブル・エントリーリストMFJ公式ウエブサイト


========================================
JSB1000クラス2018シリーズダイジェスト放映中!
========================================
最終決戦を前に、今シーズンの最高峰JSB1000クラスをレビュー!


 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 20187 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2018 MFJ. All rights reserved.