Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 SUGO 6/16-17 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

渡辺一馬がJSB1000初優勝! 松克哉が2位に入りカワサキ1-2!!

第3戦オートポリス スーパー2&4レース JSB1000決勝

 

News 2018/05/13 14:36:39

 

20180513_01.jpg

朝から霧と雨で大幅にタイムスケジュールが変更されながら、何とか開催されたJSB1000クラス。当初、20周で争われる予定だったが、15周まで周回数は短縮して行われた。


雨は、ほとんど止んでいたが路面は、ウエット。ほとんどのライダーがレインタイヤをチョイスし、レースはスタートした。序盤は、中須賀克行、高橋巧、渡辺一樹がトップグループを形成。これを秋吉耕佑が追う展開だった。しかし、レース中盤から異次元のスピードで追い上げて来たマシンがあった。Kawasaki Team GREENの渡辺一馬だった。渡辺一馬は、スリックタイヤをチョイス。2周目は、17番手までポジションを落としていたが、周回毎に順位を上げ、11周目に高橋巧をかわしトップに浮上。そのまま独走でチェッカーフラッグを受け、うれしいJSB1000クラス初優勝を飾った。チームメイトの松克哉もスリックタイヤをチョイスしており、2位に入りKawasaki Team GREENが1-2フィニッシュ。3位にも、やはりスリックタイヤを履いたモリワキの高橋裕紀が入った。以下、高橋巧、星野知也、渡辺一樹、津田一磨、岡村光矩、中須賀、児玉勇太というトップ10。タイヤチョイスが結果を左右するレースとなった。


詳しいリザルトはこちら
◎MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト


◎オートポリス公式サイト(大会特設サイト・チケット)
オートポリス公式サイト



 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 20187 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2018 MFJ. All rights reserved.