Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権 第8戦 岡山国際 9/29-30 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

中須賀が両セッションをリード。高橋巧はケガから復帰

J-GP2は関口、J-GP3は古市、ST600は岡本がトップ!

 

News 2018/04/05 19:57:59

 

20180405_01.jpg

全日本ロードレース選手権は、5年振りに栃木県・ツインリンクもてぎで開幕。シーズン初戦ということで4月5日(木)の特別スポーツ走行からレースウイークが始まった。


前日には季節外れの夏日を記録したものの、木曜日は朝から平年並みの気温となった。1本目は、まずまずのコンディションだったが、午後から風も強くなり、気温も下がってきたため転倒も少なくなかった。


JSB1000クラスは、両セッションとも中須賀克行がトップタイムをマーク。1回目に1分48秒783を記録。2回目は、コンディションがよくなかったと言うが1分49秒321と、ただ一人1分50秒を切るタイムを記録した。
「事前テストからの流れで、サスペンションのセットアップを中心に進めています。どんなコンディションでも対応できるようにしていますけれど、土曜日は雨になったら、とにかく完走したいですね」と中須賀。


2番手に2本目に1分50秒094をマークした津田拓也、3番手に1分50秒189の高橋裕紀、4番手に1分50秒196の野左根航汰、5番手に1分50秒286の清成龍一、6番手に1分50秒578の野左根航汰、7番手に1分50秒694の渡辺一馬と続き、今回ケガから復帰した高橋巧は1分50秒935で8番手につけた。

20180405_02.jpg

J-GP2クラスは、1分54秒471をマークした関口太郎がトップ。2番手に1分54秒473の岩哲朗、3番手に1分54秒549の名越哲平、4番手に1分54秒616の作本輝介、5番手に1分54秒666のケミン・クボ、6番手に1分54秒881の尾野弘樹と1分54秒台で続いた。


ST600クラスは、岡本裕生が1分55秒511でトップタイム。2番手に1分55秒787の國峰啄磨、3番手に1分55秒938の小山知良がつけ、トップ3が1分55秒台。以下、1分56秒075の亀井雄大、1分56秒348の上和田拓海、1分56秒716の奥田教介、1分56秒990の柴田陸樹と1分56秒台で続いた。


J-GP3クラスは、古市右京が両セッションでトップタイムをマーク。2回目に記録した2分01秒799がベストタイムだった。2番手に2分02秒524の小室旭、3番手に2分02秒591の福嶋佑斗、4番手に2分03秒338の藤井謙汰、5番手に2分03秒755の安村武志と続いている。

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 20187 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2018 MFJ. All rights reserved.