Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権 第8戦 岡山国際 9/29-30 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

井筒仁康が監督に就任! 石塚 & 和田で頂点を目指す!!

カワサキジュニアチームとして始動するWill-Raise Racing RS-ITOH

 

News 2018/03/15 11:01:21

 

20180315_01.jpg

全日本J-GP2クラスで活躍しているWill-Raise Racing RS-ITOHが2018年シーズン、カワサキのジュニアチームとして新たな一歩を踏み出す。これまでライダーとしてチームを引っ張ってきた井筒仁康が監督に就任し、トップを争うまで成長した石塚健、そしてST600クラスから和田留佳がスイッチして戦う。


「昨年の全日本最終戦を走り切り現役を退きたいと思いました。常に勝ちを意識して来 たレース人生の中で、結果ではなく、ただひたすらチェッカーを受けたいと思ったレースでした。 走り終えた後は、とても晴れやかな気持ちでした。ここまで、ライダーとして支えてもらえたことを感謝しています。そして、今年は監督としてライダーを支える決意ができました。自分にと っても、新たな挑戦です。大きな視野でレースを見ながら多くの人に認めてもらえるスポーツに 出来るように努力したい。今季、石塚には勝利を目指して挑んでもらいます。和田に関しては、 まだ未知数ですが、成長をサポートして行こうと思っています。皆さんのご支援のもとで、モータースポ ーツ認知の向上、ライダー育成に取り組んで行きます 」と井筒監督。


昨年、岡山ラウンドでは、チャンピオンとなった水野涼を凌駕する走りを見せた石塚は「昨年は、優勝目前での転倒があり、チャンスを生かし切れなかったという反省があります。上位を走っている時に守りの気持ちが出てしまったことが敗因だと思うので、今年は常に攻めのレースを心がけて行きたいと思っています。井筒監督のもとで、さらに上を目指します。体制的にもレースに専念できる環境を整えてもらいましたし、ライダーとして 言い訳のできない状況だと身の引き締まる思いです。最高の結果を残すことができるように精一 杯に挑みます。目標は優勝を重ねて、タイトルを狙うことです」と力強くコメント。速さに安定感が加われば本命の一人になりそうだ。


そしてST600クラスからJ-GP2クラスにスイッチする和田は、「ライダーとして尊敬する井筒監督のもとで走れることは光栄ですし、チームメイトの石塚選手も、すごく速いライダーなので、いろいろ学ばせてもらおうと思っています。僕にとって 最高の環境だと思うので、ここで大きく成長したいですね。初めての J-GP2 のマシンには、ST600とは違い、コーナーリングの感覚や加速が異次元と感じ、レーサーマシンという印象で、 とても楽しく乗ることができています。目標はランキング 5 位以内です。高いハードルと言うことは分かっていますが、このチームで戦う以上、これくらいを目指さないとダメだと自分に言い聞か せて挑戦します」 と気合いを入れている。


井筒新監督のもと、若い2人のライダーの飛躍に期待したいところだ。

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 20187 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2018 MFJ. All rights reserved.