Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第9戦 MFJGP 鈴鹿 11/4-5 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

激しいトップ争いを制した栗原佳祐が今季初優勝!

第8戦岡山国際サーキット J-GP3決勝レース

 

News 2017/10/01 11:33:17

 

20171001_01.jpg


J-GP3の決勝レースはスタートディレイドし、1周減算の18周で争われた。好スタートを決めた予選3番手の小室旭がトップ、古市右京、栗原佳祐、安村武志と続く。バックストレッチで古市がトップに立ち、栗原、小室、中島元気、安村、船田俊希、岡崎静夏、そして伊達悠太とオープニングラップを終了。この8台がトップ集団となり、レース中激しく順位を入れ替えながら周回していく。

序盤は古市がトップ、中盤以降は栗原、中島、小室らが後方でのバトルから抜け出る形でトップに立つが、集団のままのトップ争いからは誰も抜け出すことができない。その中で残り3周となる16周目に再びトップに立つが、接近戦のまま最終ラップに。栗原、小室、中島、伊達、古市の上位5台が最終ラップに突入しても激しく順位を入れ替える。勝負は最終コーナーの立ち上がりで3番手から2番手をうかがった伊達がコースアウト、小室もラインを外れ、その隙に古市が抜け出す。そして栗原が真っ先にチェッカー、2番手に古市、3番手に中島の順でゴールした。ランキング争いはトップだった伊達が7位、小室が4位だったことから、小室が109、伊達が106と逆転し最終戦決着に。


詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト



 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2017 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2017 MFJ. All rights reserved.