Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

栗原佳祐が逆転、1年振りのポールポジション獲得!

第8戦岡山国際サーキット J-GP3公式予選

 

News 2017/09/30 10:03:14

 

20170930_01.jpg

岡山国際サーキットは朝から晴れ、絶好のレース日和となった。最初の公式予選はJ-GP3クラス。40分間のセッション早々から古市右京が1分37秒3でトップタイム。セッション序盤は安村武志、栗原佳祐までが37秒台、高杉奈緒子、小室旭らが上位につける。

中盤にかけて各ライダーもタイムアップしてくるが、古市も36秒938と只一人36秒台に入れてトップをキープ。栗原も37秒台に入れた後、37秒147までタイムアップするが2番手のまま。高杉、安村、太田虎之進、佐野勝人までが37秒台でモニター上位に名を連ねる。金曜日の練習走行から2セッションともトップタイムをマークしている古市がこのままポールポジションに突き進むかと思われた残り10分を切ったあたりで、栗原が36秒635のタイムをマークしてトップに立つ。古市も最後のアタックに臨むが、タイムは更新できず、栗原が昨年岡山大会以来のポールポジションを獲得した。3番手には37秒262で小室。セカンドロウ4番手が安村、高杉、太田の順。小室と1ポイント差でランキングを争う伊達悠太はタイムが上がらず37秒974で11番手に終わっている。


詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト



 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2017 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2017 MFJ. All rights reserved.