Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 2&4 ツインリンクもてぎ 8/19-20 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

野左根航汰が連日のトップタイム!

第5戦オートポリス事前テスト 2日目

 

News 2017/06/17 02:57:26

 

20170616_01.jpg

2日目も快晴となったオートポリス。JSB1000クラスのトップタイムは、2日連続で野左根航汰がマーク。タイムは、1分48秒740だった。2番手の高橋巧も1分48秒990と1分48秒台に入れている。

「2年振りのオートポリスですし、もちろんニューマシンを走らすのは初めてなので、この2日間の作業は決して簡単ではありませんでした。タイム的にも満足行くものではないですし、レースウイークにもっとセットを詰めて行きたいですね」と高橋巧。


3番手にヨシムラの津田拓也が1分49秒237、4番手にKawasaki Team GREENの渡辺一馬が1分49秒548、5番手にYAMALUBE RACING TEAMの藤田拓哉が1分49秒787、6番手にTOHO Racingの山口辰也が1分49秒949と続いた。以下、1分50秒127の高橋裕紀、1分50秒290の松厩邵函1分50秒430の濱原颯道、1分50秒578の清成龍一、1分50秒694の加賀山就臣、1分50秒833の浦本修充と続いた。


中須賀克行は、2日目の走行を見合わせている。


J-GP2クラスは、水野涼が1分52秒144で連日のトップ。2番手に榎戸育寛が1分52秒290、3番手に生形秀之が1分52秒295、4番手に柴田陸樹が1分52秒722、5番手に三原壮紫が1分52秒828、6番手に1分52秒906で岩崎哲朗と1分52秒台で続いた。


ST600クラスは、前田恵助が、ただ一人1分54秒台に入れ1分54秒580でトップ。2番手に1分55秒028の亀井雄大、3番手に1分55秒126の清末尚樹、4番手に1分55秒497の國峰啄磨、5番手に1分55秒803の名越哲平、6番手に1分55秒889の星野知也、7番手に1分55秒951の岡本裕生と続いた。


J-GP3クラスは、伊達悠太が1分58秒558までタイムを縮めてトップタイム。2番手に1分59秒117の佐野勝人、3番手に1分59秒156の小室旭、4番手に1分59秒328の栗原佳祐、5番手に1分59秒467の古市右京、6番手に1分59秒638の安村武志、7番手に1分59秒940の山本恭裕、8番手に1分59秒953の中島元気と続き、ここまでが1分59秒台だった。


◎全日本ロードレース選手権第5戦オートポリス
 エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
 

◎オートポリス公式WEBサイト(大会特設サイト・チケット)
 http://www.autopolis.jp/motorcycle_festa/


◎開催概要・コースレコード・前年の結果等
 http://www.superbike.jp/round/rd5.html

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2017 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2017 MFJ. All rights reserved.