Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 SUGOスーパーバイク120マイル耐久レース 5/13-14 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

生形秀之が右肩上がりのトップタイム!

J-GP3は伊達悠太、ST600は清末尚樹がトップ!!

 

News 2017/04/07 19:42:59

 

20170407_01.jpg

全日本ロードレース選手権第1戦筑波、レースウイーク2日目は、ART合同走行が行われた。朝からあいにくの雨模様となり、1本目は、ウエットコンディションからスタート。お昼過ぎから天気も回復し、路面はドライコンディションとなって行く。


J-GP2クラスは、2回目のセッション終盤に57秒445をマークした生形秀之がトップタイム。
「事前テストで今年のマシンをシェイクダウンしてから、昨日まで、うまくマシンが機能していない状態でしたが、今日変更したセットは、1本目のウエットでも、2本目のドライでもいいフィーリングとなり、ようやくベースとなるセットが決まりました。ここから、もっと詰めてトップ争いができるようにしたいですね」と生形。


2番手に57秒439の水野涼、3番手に57秒593の関口太郎と続き、この2台が好アベレージを刻んでいる。4番手に57秒673の石塚健、5番手に57秒817の榎戸育寛、6番手に57秒965のケミン・クボとトップ6が57秒台につけた。

20170407_03.jpg

J-GP3クラスは、伊達悠太が1分00秒774をマークしトップタイム。以下、1分00秒805の中島元気、1分00秒861の岡崎静夏が3番手、4番手に1分00秒873の小室旭と、1分00秒台で続いた。


ST600クラスは、清末尚樹が58秒472をマークし連日のトップタイム。2番手に58秒658の前田恵助、3番手に58秒695の國峰啄磨、4番手に58秒710の奥田教介、5番手に58秒951の長尾健吾と続き、トップ5が58秒台をマークした。

20170407_02.jpg


MFJ CUP JP250クラスは、豊島怜が1分06秒813でトップ。2番手に1分06秒968の田中敬秀がつけ、トップ2が1分06秒台。以下、1分07秒000の上原大輝から、21番手の石井千優まで、19台が1分07秒台にひしめく結果となっている。


明日は、いよいよ各クラスの公式予選とJ-GP2クラスは、スーパーポール、そしてレース1が行われる。今シーズン、最初のウイナーは果たして!?


※タイムは非公式です。


●筑波サーキット公式サイト特設ページ(チケット他詳細)
 https://www.jasc.or.jp/alljapan/


●エントリーリスト・タイムスケジュール・公式結果
 公式リザルト〜MFJ公式サイト

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2017 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2017 MFJ. All rights reserved.