Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第9戦 MFJGP 鈴鹿 11/4-5 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

ブレイクするか!? JSB1000、2年目の近藤湧也

GBSレーシング・YAMAHA 2017年チーム体制

 

News 2017/03/04 23:29:46

 

20170304_01.jpg

GBSレーシング・YAMAHAは、今シーズンもJSB1000クラスに近藤湧也、ST600クラスに名越公助を起用し、全日本ロードレース選手権に参戦する。2015年最終戦でST600クラスで初優勝を飾り、昨年よりJSB1000クラスにステップアップした近藤だったが、SUGOの事前テストで転倒し手首を折る重傷を負ってしまう。後半戦には復帰したものの力を出し切れずにシーズンを終えていた。
「 今年でJSB参戦2年目ですが、プライベーターが国内最高峰クラスでどこまで上位を狙えるかという挑戦を続けていきたいと思います。ST600にも名越公助を継続参戦し、こちらも参戦2年目なのでしっかりと上位を狙って行きます。あくまでも目的はライダーの育成に重点を置いて活動していきます 」と後藤監督。


JSB1000クラスに参戦する近藤は「まず今シーズンもJSB1000クラスに参戦するにあたって、たくさんのスポンサー様のご協力があって実現することができました。心から感謝いたします。昨シーズンはケガをしてしまいレースに出れなかったり、チームもJSB初参戦で思うように行かなかったりとなかなかよいレースができなかったので、今シーズンは怪我をせずしっかり1年走りきっていい結果を残せるよう頑張りますので応援よろしくお願いします!」とコメント。


全日本2年目となる名越も「 2016年から全日本にステップアップして、ST600クラスを戦いましたがランキング20位と納得のいかないシーズンになってしまいました。今年で2年目となりますが、昨年の悔しさをバネに走るたびに注目されるような走りをしてトップを狙って行きます! 」とやる気満々だ。


近藤が優勝するなど、徐々に、その地位を確立してきたGBSレーシング・YAMAHA。近藤と名越という若手ライダーが、さらなる成長を見せてくれそうだ。

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2017 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2017 MFJ. All rights reserved.