Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 2&4 ツインリンクもてぎ 8/19-20 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

ニューフェイスの加入、JSB1000へのスポット参戦と一段と充実!

51ガレージ チームイワキが2017年の体制を発表

 

News 2017/02/10 12:38:45

 

チームイワキ


(写真/左から:岡本裕生、山元聖、岩城滉一氏、橋本翼、住谷海、宗和孝宏)


「51ガレージ チームイワキ」が2月5日に2017年の体制発表を行った。チームオーナー岩城滉一(65)の元、監督、ライダーである宗和孝宏(51)がST600からJSB1000にスイッチしてスポット参戦。ST600に山元聖(20)に加え岡本裕生(17)を迎えた。女子高生ライダーの橋本翼(17)はJP250に、慶応大生の住谷海(22)も地方戦に継続参戦する。


宗和は「ウチは再生のチーム。ライダーたちには、ここから大きく育ってもらいたいと思う。自分自身のJSB1000参戦は荷が重い部分もあるが、精一杯やる覚悟でいる。チームは大所帯となったが、それぞれが自分の力を高めてほしい」と語った。

山本も「目の前の一戦一戦でしっかり結果を残して行きたい。昨年にも増して充実したトレーニングをこなしています。昨年からライディングフォームの改善に取り組んでいますが、それを今年は完成させトップ争いをしたい」と躍進を誓っている。


新たにチームに加わった岡本は「ST600をメインに、JP250にも参戦予定です。昨年は全日本に上がることが出来たのにケガで、思うようなシーズンを過ごすことが出来ませんでした。今年はしっかりとシーズンを過ごし上位を狙います」と気合が入る。

橋本は「これまでは、一生懸命に走るだけだったが、昨年はウィークを通してマシンセッティングを考えるようになれた。まだ、まだ、決勝日に合わせるようにすることが難しく、出来ていないので、今年は、しっかり決勝で1番いい走りが出来るようになりたい」と抱負を述べた。

「昨年は転倒が続く、バイクを壊してメカニックさんに迷惑ばかりかけました。今年は、しっかりとチェッカーを受けたい。確実にレベルアップをして、チームメイトに追いついて行きたい」と言うのは住谷。


岩城氏は「優勝を目指すというチームではないが、宗和と一緒に若手を育てて行きたい。宗和には彼に相応しい大きなバイクでレースをしてもらう。鈴鹿8時間耐久参戦出来るように、しっかりチームを作って行きたい」と語った。「51ガレージ チームイワキ」がチーム員を増員し活動の幅を広げるシーズンとなりそうだ。

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2017 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2017 MFJ. All rights reserved.