Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

 
  • 2019年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 岡山国際 8/31-9/1 - SUPERBIKE.JP
  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

2日目は亀谷がトップタイム!

ST600は山口辰也が驚速ぶりを発揮!!

 

News 2010/08/04 21:41:14

 

20100804_03.jpg
 合同テスト2日目となる8月4日(水)は、朝から快晴。初日よりも弱かったものの、途中で雨がパラパラと降る場面もあったが、基本的にドライコンディションで行われ、厳しい暑さに見舞われた。

 JSB1000クラスは亀谷長純が、この日も絶好調。ロングランもこなし、トップタイムとなる1分28秒63をマークした。「ロングランはST600と一緒ということもあり、所々で引っかかってしまいましたが、いいペースで走れましたし、レースに向けていいテストになりました」と手応えありのテストとなったようだ。

 2番手に伊藤真一が1分28秒65と僅差で続き、初日トップの中須賀克行が1分28秒92で3番手。イギリスから直接仙台に入った柳川明は、1分29秒31をマークした。高橋巧は1分29秒87とタイムを縮められずにテストを終了している。以下、武田雄一が1分30秒4、須貝義行が1分30秒51、出口修が1分30秒74と続いている。後半戦が白紙状態だった武田だったが、第4戦SUGOへのエントリーが決定している。

20100804_01.jpg

 ST600クラスは山口辰也が1分32秒08と初日の中冨伸一のタイムを上回り、非公式ながらコースレコードを樹立。「フルタンクの状態で19周してベストタイムを出したけれど、今ひとつ納得がいっていない。サスペンションのセットをもっと詰めてレースウイークに臨みたいですね」とレコードブレイクも不満顔な山口だった。

 2番手に國川浩道が1分32秒45でつける健闘を見せた。「新品タイヤを履いて、うまくタイムを縮められましたね。けっこう混んでいる状況でしたが、1分32秒台でまわれる感触はありましたね」と自信のコメント。

 初日トップの中冨は1分32秒80で3番手、佐藤裕児が1分32秒87で4番手、大崎誠之が1分32秒91で5番手、中上貴晶が1分32秒99で6番手につけた。以下、横江竜司、小林龍太、岩田悟、岩崎哲朗、関口太郎、野田弘樹と1分33秒台で続いた。

 J-GP2クラスは小西良輝が1分33秒78でトップ。生形秀之、宇井陽一、及川誠人と続いた。
※ラップタイムは非公式です。

最新情報、イベント情報、チケット情報は、
スポーツランドSUGO公式サイト

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2019 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2019 MFJ. All rights reserved.