Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

 
  • 2019年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 MFJGP 鈴鹿 11/2-3 - SUPERBIKE.JP
  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

JSB1000ラストシーズンに臨む伊藤真一

2010 Keihin Kohara Racing Team 体制発表

 

News 2010/02/13 00:00:29

 

20100212_02.jpg

 Keihin Kohara Racing Teamは2月11日(祝・木)、東京・青山にあるHonda ウエルカムプラザ青山で2010年シーズンの体制発表を行った。

「参戦発表で、いきなりですが今年限りで全日本選手権への参戦終了を、卒業という形を取らせていただきます。1戦1戦大事に戦いチャンピオン目指して頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします」とライダーの伊藤真一が冒頭の挨拶でコメント。

 伊藤は、1988年に国際A級昇格と同時にHondaワークス入りし、同じくHonda ウエルカムプラザ青山でチーム体制発表を行った。このときチーム代表の小原斉がメカニックを務めており、それ以来の付き合いでもある。その後、全日本GP500チャンピオンを獲得し、1993年から世界最高峰クラスを4シーズンに渡って参戦。全日本に戻ってきてからも1998年に全日本スーパーバイククラスのタイトルを獲得。2005年、2006年にはJSB1000クラスで2年連続チャンピオンに輝くなど、常に第一線を走り続けてきた。

20100212_03.jpg

「23年前に、この場所で体制発表を行ったことを昨日のことのように思い出します。本当はフェイドアウトしていく形で引退すると思っていましたが、長い間お世話になった、応援していただいた方たちに恩返しをしたい。レースを盛り上げるために何かできないかと考え、シーズンが始まる前に、こうして発表させていただきました。今までの集大成となるシーズンにしようと思っています。全7戦、1戦、1レース、1周を大切に全力で戦い、チャンピオンを獲れるように頑張ります」

 来年以降も鈴鹿8耐や4輪レースへの参戦は続けていきたいという伊藤。しかし「シリーズを戦わないライダーが8耐を勝つのは難しいと思う」と語り、レーシングライダーとして100%で臨むのは、やはり今シーズンが最後となりそうだ。開幕戦筑波から“本気のイトシン”のラストシーズンが始まる。

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2019 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2019 MFJ. All rights reserved.