Contact UsContact Us

Next RaceNext Race

  • 2019年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦 ツインリンクもてぎ 4/6-7 - SUPERBIKE.JP
  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!

    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

2010年もシリーズ全7戦!クラス名称変更も!

2010年全日本ロードレース選手権シリーズカレンダー

 

News 2009/12/31 23:23:55

 

jsb1_01.jpg

 2010年の全日本ロードレース選手権シリーズカレンダーは下記のように発表された。4月4日に筑波サーキットで開幕、10月31日の鈴鹿サーキット MFJグランプリまで全7戦が組まれている。第2戦鈴鹿は、昨年同様にJSB1000クラスのみが、2&4レースとしてフォーミュラ・ニッポンとの併催される。
また、2010年からクラス名称変更とクラスが新設された他最新情報(2010年国内競技規則書より抜粋)。

<J-GP3クラス>
GP125クラスが名称を変更したクラス。85cc〜125ccまでの2ストローク(これまでのGP125)と、175cc〜250ccまでの4ストローク車両が混走するのはこれまでと同様だ。ただし、J-GP3クラスへの2ストローク車両の参加は2011年まで。

<J-GP2クラス>
ST600の参加増に伴い、内容もレベルアップするにつれて、上位者の固定化や新規参入の困難などの状況緩和を目的とし、上位者のステップアップクラスとしての位置付けられて2010年から新設された。また、将来的に世界選手権Moto2クラスへ直結し、世界との連携および若手選手のステップアップの道筋を確立することを目的とすると同時に、コンストラクターのビジネスチャンスを創出するために、現ST600からの改造車両もデチューン版Moto2マシンとして参戦できるクラスとなる。

●参加車両
4ストローク600ccエンジンを搭載し、外装およびフレーム関連は、GPフォーミュラの技術仕様をベースにST600フレーム改造車両と新作フレームに600ccエンジンの搭載車両が参加できる。

●開催日程
全日本選手権のシリーズタイトルを賭け、全6戦( R1 筑波、R2 鈴鹿、R3オートポリス、R4 SUGO、R6 もてぎ、R7 MFJGP鈴鹿)にて開催する。

●競技の運営方法
主催者が単独開催または、JSB1000クラスとの混走を決定し、その予選、決勝の運用方法は、公式通知にて公示される。

●賞典とシリーズポイント
J-GP2クラスは、決勝レースの形態(単独・混走)にかかわらず、J-GP2の決勝結果に基づいてポイントが付与される。ただし、予選出走台数が1台の場合は、シリーズポイントは付与されない。

<GP-MONOクラス>
2010年の当該クラス土曜日決勝予定/R3オートポリス、R4 SUGO、R6 もてぎ、R7 MFJGP鈴鹿
全日本GP-MONOの開催は2011年までとする。

<JSBクラス>
予選はノックアウト方式(第1戦筑波のみ計時予選)。
最終戦鈴鹿は2レース制。

<その他>
全日本選手権全クラスにおいて、1位〜20位までにポイントが与えられる(2009年JSB1000クラス同様)。

●2010年全日本ロードレース選手権シリーズ
2010racecalendar.gif

●その他ロードレース主要競技会
4月25日 MotoGP 日本GP(ツインリンクもてぎ)
6月13日 鈴鹿300km耐久ロードレース
7月25日 鈴鹿8時間耐久ロードレース

※日付けは決勝日

 

 

一覧へ戻る

SponsorsSponsors

↑ up
© 2019 MFJ. All rights reserved.Copyright (C) 2019 MFJ. All rights reserved.